忍者ブログ

小ネタと裏設定

オリジナル小説&漫画 「そしてふたりでワルツを」 の小ネタと裏設定ページです。

心の隙間を埋めたもの

物語において、トーマスは、最後まで、トーマスでした。

トーマス、もともとは多分、普通の感覚をもった人だったんです。
だけれど、環境によって心にぽっかりと穴が空いてしまって。
その穴が、愛で埋まればワンチャンあったのかもしれない。
トーマスはカミィに対して、「こいつは使える」という、道具的な意識しか持ち合わせませんでしたが、もしそこに、1ミリでも何かそれ以外の気持ちがあれば、国が救われて幸せになる道があったのかもしれない。

でも、トーマスの穴は、カミィと出会うより前に、ゲツエイが埋めてしまった。
トーマスの心の、カミィがもしかしたら入り込めたかもしれない部分に、ゲツエイが先に蓋をしてしまった。
トーマスはゲツエイのことも「道具」として見てますが、自分で意識してない深層心理で、カミィやその他の人に対する「道具」の扱いと、ゲツエイの「道具」の扱いに差がある。
ゲツエイがトーマスの、ももいろのまる。ふたりでワルツ。

ジュンイチも他者を「実験道具」として見ていたけど、もう少し心に開いているところがあって、そこが天才と、普通の人の差ではないか。

ジュンイチは周りがオープンだったにもかかわらず、自ら孤高の選択を知らず知らずのうちにしてしまっていて。
トーマスは逆に、周りが閉じてしまっていたから、自分の心をうけとめてくれる人がいなくて徐々に閉じていって。

だから、ジュンイチのこころは開いたままだったのですが、トーマスの心は閉じてしまって、そして、僅かな隙間にもゲツエイが入ってしまって、そこで完結してすでに出来上がってしまっていた。

そしてマリクは、心の隙間を、防衛機制によって自分自身で埋めようとしていた。
関連記事

だからジュンイチとマリクはこれからも変わっていくだろうし、成長(というのかはわからないけど)、変化の余地があり、トーマスにはそれがもう無い。そこが結末の分かれ道。
PR

コメント

プロフィール

HN:
コタロウ
性別:
非公開
自己紹介:
オリジナル小説&漫画
「そしてふたりでワルツを」

小ネタと裏設定

最新コメント

[02/02 >にけさん]
[02/02 にけ]
[01/05 コタロウ]
[01/05 コタロウ]
[01/05 にけ]